2016年07月18日

ポルシェ 718 ボクスター 982 2016年式

いよいよ718試乗してきました。



DSC06965.jpg

黄色カッコいいです。
派手な色は華やかでいいです。
自分で買うと・・・無難な色になってしまいますが、六本木ヒルズに展示してあったオレンジもなかなか傘子いいです。







DSC07549.jpg

今回はボクスターSでなく素ボクです。
でも、19インチホィールも20インチのカレラホィールに似ててカッコいいです。
私の試算で、どんなに安く調達しても、4本交換で8インチ⇒19インチで+3万円 さらに20インチになると+6万円となります。走り方にもよるかと思いますが、1年1万キロ弱で交換している私には20インチでない選択が経済的なことを考えると有力なので19インチがカッコ良くなることは大歓迎です。








にほん
ブログ村


DSC07548.jpg







今回、純正装着はヨコハマでした。
ADVAN SPORTSでした。
私としては大歓迎です。
981の純正装着がミシュラン、ピレリはいいとして、グッドイヤーはポルシェに履くのはちょっと遠慮したいという偏見があります。カイエンなんかはハンコックが純正装着だったりするようなのでそれよりはいいかな・・・・自分で選んで安く上げる為にハンコックとかならいいんですけど、年々上昇している新車の車両価格からするとあまりブランドでない銘柄は避けてほしいと思うと所です。

DSC07550.jpg

サイドのインテークのライン変わっています。

DSC06977.jpg







両面テープのオーバーフェンダー付きます。
カッコ悪い。
簡単に取れるみたいです。

DSC06988.jpg

後ろ姿は、ちょっとバンパーが角ばった感じがします。

DSC07012.jpg







マフラーは、素ボクは四角です。

DSC06961.jpg







で、O⇒S⇒S+とダイヤル式になってます。
真ん中のボタンを押すと、10秒間シフトする回転数が高いくなるとの不思議なボタンです。
私は、ほぼ手動パドルでしか乗らないので不要な気がしてます。

DSC06995.jpg

真ん中のコンソールにSport Plusのボタンがステアリングに移動したのでちょっとさびしくなりました。DSC07551.jpg







内装は少し変わりました。
今回のは黄色いボディにら赤の内装です。

DSC06999.jpg







ナビは、Wifiがどうとか言ってましたが、まだ詳しいことが分からないのだとか・・・・

で、乗り味はというと、まず音はスバルの音です。
乗り出して300mくらい走ってもういいです・・・・と営業所に戻りたくなりまたしが、1人で乗らせてもらい首都高空いているから一周してきてもいいですよ!とご提案頂いてので乗ってみました。







いやいや、凄い。。。すご過ぎます。
ドライバビリティの向上が半端ないです。
まず、特筆はリヤの足の設置感がめちゃくちゃいいです。
981とタイヤサイズこそ一緒なのにリムが0.5Jアップし、セッティングを変えたおかげで踏めます。そして、アクセルで曲がる感覚が強くたまらないいいです。ボディ剛性もあがっている感じがします。
エンジン音は、発進時はスバルですが、走っていると連続した音となり木にならなくなります。
首都高での追い越し加速で1950rpmからのフラットなピークトルクの恩恵でめちゃくちゃ気持ちよく加速し追い越していきます。
実は今回乗ったのはボクスターSでなく素ボクです。
でも速くしてまるで不満はありません。
ボクスターSで必要なオプションつけていくと、1000万円近くなります。
すると気持ちドンドン色々なほうに向いていきます。
素のボクスターですと200万円安いので、これでいいと感じる人も多いのではないかと思います。







でもホント楽しいクルマです。
最新のポルシェが最良のポルシェという名せりふが今も生きている気がしました。
ただ、売れ残っていた市場の981GTSやボクスターSの中古車が動き出した感があるので、乗ってみてダメだったという人も多々いるのだと思います。
ちなみに、まだ日本ではスポエグのオプションがありません。
でも音は結構大きいです。

現在ある718は、スバル音がいや・・やっぱ6気筒というポルシェファンからの評価と、乗ってみて楽しさに気づく人と色々ありそうですが、まんまとポルシェの策略にやられてしまうのでは?と思っています。
試乗コースだけ乗っているとたぶんダメという評価になります。峠道かサーキットを攻めさせてもらうときっとやられます。


にほんブログ







posted by WEST at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

レクサス RC F 2016年モデル

今回はレクサス RC F 2016年モデルを乗ってきました。




718ボクスターでも、ボクスターSで必要であろうオプションをつけていくと約1000万円となります。排気音がイマイチ・・・・という事で、981GTSの中古を買おうとしても約1000万円かかります。
ふと気づくとなんとなく麻痺してましたが1000万円のクルマ?既にボクスターの価格ではありません。
500万円くらいからで乗れるプアマンズポルシェだったはずなのに、高級車の価格になっていました。
なので、1000万円出したらどんなクルマに乗れるのかと思い乗ってみました。

DSC05723.jpg


レクサスRC Fまず、面構え厳ついです。
高級車ってクルマという移動道具以上に、何か乗る人の考え方やセンスなどを示す大事なものと感じます。
所有欲満たされます。







DSC05724.jpg

この斬新なグリルの処理がほかのクルマと似てない感じがいいです。



DSC05736.jpg

リヤも凄い化け物感が出ていてカッコいいです。







DSC05738.jpg

この4本出しのマフラーは純正品とは思えない派手さです。







DSC05735.jpg

そして、リヤタイヤはみ出してます。
なので、上から両面テープでフェンダーがついてます。

DSC05749.jpg

ドアの閉まり感といい、静粛性といい、なんかホント大人のクルマと言う感じがします。
そして、メーターも先進的な感じがします。







DSC05748.jpg

ナビは、3年間地図更新も行ってくれるのだとか!
さすが、レクサス凄い・・・・

DSC05744.jpg

ナビ操作は、手元でダイヤル操作のクルマが多くなってきましたが、パソコンのようなタッチパットになっています。







で、乗り味は、速いです。
フル加速するとv8 5000cc 477psが吠えます。
でもトラコンもすぐに効き、安全です。
そして、静かで振動も少なく快適。
ブレーキフィールも国産車ではありえないほどカッチリした効き味。
8ATも滑らかそのもの。
ホント良く出来過ぎたクルマです。
レクサスのレベルはすごいです。
ただ、燃費は5〜6KM/ℓしか走らないみたいです。







そして、価格も9,540,000円と1プライスの設定で、見た目のオプションが少しありますが、必要なオプションをそろえたボクスターとほぼ同じ価格。
ちなみに別にカーボンボンネット仕様が、10,310,000円であります。

ホント良く出来たクルマでした。
試乗も公道でなく乗れたらさらに魅力が増すことでしょう!

ちなみに、試乗してみようと思ったのは富士サーキットを一生懸命走っていたら、ストレートでRCFにぶち抜かれたのがきっかけです。素のボクスターでもストレート230Km/hくらいでてるんですけどね。倍の近い馬力なのでかないません。

とっても魅力的に思いつつ、クルマが大人過ぎで私の精神年齢がまだがついてけない感じでした。
たぶん、約2tの車重を巨大な馬力のエンジンで動かすというのが好みでないのかもしれません。
営業マンも受付嬢もとても素晴らしい対応でした。

エンジン  v8 4,968CC
最大馬力 477PS / 7,100RPM
最大トルク 54.0KGM / 4,800〜5,600RPM
車両総重量 2,010KG







ちなみに、その足でジャガーFタイプにも試乗に行きました。
1000万円のクルマを比較して見るというと、このあたりも入ってきます。
TV番組でも演奏家の方やタレントさんが購入していると有名な販売店でしたが、クルマを預けてショールームで暇そうにしているが20分放置され営業マンは名刺すら出されない、アンケートも書かない、クルマ屋さんなのに試乗車も置いてない(ホントかな?)との対応であしらわれてきました。
ちょうど、目の前でほかお客様のお見送りをしている営業マンが、1つ先の信号が変わるまで頭を下げている姿を見て感動していましたが、私の時はさっさと引き上げていってました。




にほん
ブログ村

posted by WEST at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

ポルシェ 718 ボクスターS

今回はポルシェ 718 ボクスターSを六本木ヒルズに見てきました。






IMG_2513.jpg

まだ試乗車がなく、見るだけでした。
ただ、6/1にジャーナリスト向けの発表会を行っていて、ディーラー関係者以外の一般の人は初めて見ることが出来たのではと思います。






CIMG8131_2.jpg

デザインは、1/末からWEBで見るようになり随分と見慣れてきました。
なのでカッコいいとさえ感じてきてます。
不思議なのが、ちょうど近くに展示していたケイマンが古く見えるのが不思議な所。






CIMG8116.jpg

LEDは919ぽくカッコいい気もしますが、オプションのようです。






CIMG8104.jpg

今回、スポーツシャーシーが入っているのかさえ良くわかりませんが、かなり低いです。
981 GTSでも、iphone6を縦にギリギリ入る車高なのですが、1cmほど低いです。
それにしても20インチがカッコ良くまとまってます。






CIMG8100.jpg

リヤが両面テープ装着のオーバーフェンダーが付きます。
991 GT3なんかもついていてカッコ悪いと思っていたのですが、とうとうボクスターにもついてしまいました。リヤのタイヤが太くなったせいでしょうか?






CIMG8095.jpg

リヤデザインは好みが分かれそうですが、元々ダックテールっぽく跳ね上がっていることで高速域で安定するのではと予想しています。リヤスポイラーは歴代と同じく車速に応じてせりあがってくるタイプです。







CIMG8122.jpg

トランクは981と一緒です。






CIMG8097.jpg

Sはのマフラーは2本出しです。





CIMG8157.jpg

で、気になっていた音が聞きたかったのですが、六本木ヒルズ アリーナは屋内扱いとの事で、エンジン音を聞くことが出来ません出した。海外の試乗記の動画で音を聞くと、どうも欲しいというモチベーションにつながってきません。説明スタッフの方も来場者はみんな音を気にされていると言ってました。スバル車を買ってスバルサウンドは嫌いでないですが、ポルシェはポルシェの乾いた音で駆け抜けたいなぁ・・・






ターボで低速からトルクが立ち上がり速いのは間違いないので、峠道やサーキットでは好タイムで目立つこと間違いなしなのですが、そもそもボクスターユーザは絶対的な速さより操る楽しみを求めているので、ユーザから4気筒ターボ化を総スカン食らう事もあり得るなぁ・・・と様子見をしています。981GTSも1000万円前後で中古に出てきているのでみんなが様子見なのでしょう!

ちなみに、些細なオプションをつけても718 ボクスターSでは乗り出し1000万円超える勢いなので、中古を含めた911も視野に入り、1000万円級だとさすがに選べる車の幅が全然違ってきます。

4気筒ターボは、ボクスターの下のクラスだったらありで、ボクスターはNAのままか、991 カレラの6気筒ターボが載せてくれるなら買うんですが。。。。。

なお、991 カレラの6気筒ターボは賛否あるみたいですが私は好きです。



にほん
ブログ村














posted by WEST at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする